インプラント治療について

インプラント治療について

近頃歯科医院でインプラント治療を行うところが増えてきています。
 

 

そもそもインプラントとは体に埋め込む器具の総称です。

 

例えば骨折をしたときに骨折した部分を整えるのに金属を埋め込むことがありますが、
それもまたインプラント治療に該当します。

 

歯科治療で行われるインプラントも、欠損した歯を補う目的でインプラントを埋め込む治療を行います。

 

インプラント治療が普及する前から他にも失った歯を補てんする治療法がありましたが、
どの治療法にもそれぞれデメリットがありました。

 

インプラント治療に注目が集まっているのは、自分の歯と見た目や使用感が変わらないからです。

 

歯科治療で行われるインプラントは主に3つの部品で構成されています。
本来の歯と変わらず使っていただくために土台となるインプラントをしっかりと固定させる必要があり、
インプラントを顎の骨に埋め込んでそれが定着するまでしばらく時間を置きます。

 

そして固定したインプラントの上の部分に歯と同じ役割を果たす、
上部構造と呼ばれる部分を取り付けます。
この上部構造とインプラントを接続しているのがアパットメントと呼ばれる器具です。

 

また他の歯にかかる負担が少ないのもインプラン治療のメリットの一つです。
今まで失った歯を補てんする治療法として、ブリッジという方法がありましたが、
その治療法だと周辺の歯を削ったり整える必要がありましたし、
ブリッジをすることで隣の歯に大きな負担がかかり、歯の寿命を縮めることにつながったのです。

インプラント治療のメリット

 
インプラント治療を受けるメリットとは何でしょうか。

 

虫歯や歯茎のトラブルにより歯を失う危険性は誰もが持ち合わせています。

 

歯が一本でも失われてしまうと歯のかみ合わせが悪くなる、
周囲の歯に負担がかかり周囲の歯の劣化を早めてしまったりと悪影響が出てきます。

 

そこで何かしらの方法で失われた歯を補充する必要があるのですが、
その方法としてインプラントが注目を浴びています。
インプラント治療受けるメリットについて詳しくみてみましょう。

 

一つは仕上がりがとても自然なことです。
失った歯を補う方法として差し歯や入れ歯、ブリッジを選ぶ方がいらっしゃいますが、
見た目でも不自然に見えることがありますし、装着をしている本人も違和感があります。

 

また固定する力が弱いため固い物をかんだときにずれたり外れてしまう事も多々あります。
外れてしまうたびに治療法によっては歯科医院を受診して
先生に再度取り付けをお願いすることになるのです。

 

一方でインプラントは顎の骨にしっかりとインプラントを埋め込むため、
本当の自分の歯のように使えるため、固いものでも難なく噛めるようになります。

 

見た目にも自然ですし、日ごろの使用で土台が抜ける歯が抜け落ちるようなこともほとんどありません。

 

隣の歯を削る必要がなく、健康な歯を維持できます。

 

他の治療法によっては隣の歯を削る必要が出てきます。
健康な歯を削ることで歯の強度を弱めてしまうことにつながるのですが、
インプラントでは隣や周囲の歯を削る必要がありません。